次々的中!14億円投資家が狙う6銘柄を大公開

大株主の動向を見ながら負けない銘柄選びを

 今回、編集部は横這氏にアポイントを取り、年末に向けて今から仕込みたい銘柄について取材をした。 「まず、前回の注目銘柄を振り返ってみると、この夏は比較的相場がよく、想定していた好材料も運よく早めに出てくれたりして、うまく時流に乗れたと感じています。成績としては十分すぎるほどの出来でした。今から買う銘柄も基本的には、『これ以上は下がらないだろう』、あるいは『下がってもそれほど損はしないだろう』という割安な銘柄に注目しています。そのうえで、大株主の動向を見ながら『好調な業界か』『株主優待の新設』『昇格による市場変更』『株価対策に前向きか』『親会社からTOBされる可能性』などをイメージしながら銘柄を選定しました」  横這氏が最初に挙げたのは、平山HD。 「製造業を中心とした人材派遣業の会社です。人手不足から、人材派遣業は好調が続いています。平山HDの株価は右肩上がりを続けていますが、時価総額は23億円、PBRは1.04倍といまだ割安に放置されています。まだまだ上昇の余地はあるでしょう」 ●平山ホールディングス[JQ・7781] 目標株価2000円 売買単位 100株 現在株価 1330円 予想PER 11.62倍 実績PBR 1.04倍 配当利回り 2.26%  精密機器のセクターではあるが派遣業。改正労働者派遣法で小さな規模の会社からなくなり、大手に集約していきそう。株価は急騰したが、まだ割安な水準。  続いて、会社の経営方針を分析し、株価を上げる好材料、いわゆる「カタリスト」がありそうな銘柄を挙げてもらった。好材料を内包していると期待できるのがオークファン。 「’16年2月に株価2倍高となる急騰劇を演じたのですが、そのとき、資本業務提携や事業拡大を相次いで発表しました。また、’13年には5分割をしたこともあり、経営陣からは少し株価へのこだわりを感じます。横這いも続いていて、ここからの再浮上を期待しています」 ●オークファン[東マ・3674] 目標株価1350円 売買単位 100株 現在株価 886円 予想PER 16.23倍 実績PBR 3.7倍 配当利回り 0%  過去に5分割を行ったことや、資本業務提携などの発表で株価には少しこだわりがある様子。横這いによるしこりをなくした状態での再浮上を期待している。  次は、親会社による再編期待銘柄だ。横這氏はこれまでにも大崎エンジニアリングの大株主として、親会社からの公開買い付けに関し、大きな利益を上げることに成功するなど、大株主の動向から再編の可能性を探ることを得意としている。 「伊勢化学工業は20年赤字なし、ヨウ素の製造販売で国内首位の化学メーカーです。PBRは0.55倍と割安なので、今の水準で買っても手堅いと思います。また、大株主の旭硝子が52%を所有していて、伊勢化学工業の取締役6人中4人が旭硝子出身。12月の決算が発表される2月には、子会社化など、何かのIRがあるかもしれません」 ●伊勢化学工業[東2・4107] 目標株価800円 売買単位 1000株 現在株価 516円 予想PER 0倍 実績PBR 0.55倍 配当利回り 2.33%  20年赤字なし、PBRは0.55倍と割安。旭硝子が52%超の大株主で、伊勢化学工業の取締役6人中4人が旭硝子出身。2月の決算発表時まで保有したい。  筆頭株主がファンドに移り、株主にも恩恵がありそうな銘柄として挙げたのが、ホリイフードサービス。 「4月、投資ファンド・インテグラルが出資するTBIホールディングスがTOBし、筆頭株主がTBIに移りました。この2年、赤字が続いていましたが、TBI社は飲食業を展開しており、TBI社のもとで赤字店舗整理、店舗運営ノウハウ、共同購入によるコスト削減など、再建が期待されます。さらに8月、ペッパーフードサービスと『いきなりステーキ』のフランチャイズ契約を締結するという好材料を発表しました。株価は急騰していますが、さらなる上昇を期待しています」 ●ホリイフードサービス[JQ・3077] 目標株価1750円 売買単位 100株 現在株価 913円 予想PER ―倍 実績PBR 1.93倍 配当利回り 0.77%  筆頭株主がファンドに移り、株主にも恩恵がありそう。ペッパーフードサービスのフランチャイズとして「いきなりステーキ」が10月下旬にはオープン予定。  親子上場の解消の流れから、グループの再編の可能性を予想しているのは、ミサワホーム中国。 「ミサワホーム中国はミサワホームの子会社。過去には北陸ミサワホーム、東北ミサワホームなど、地域ごとに子会社がありましたが、今は再編されて上場廃止となりました。子会社で残っているのは、ミサワホーム中国のみ。親会社のミサワホームはクオカードの株主優待を取りやめるなど改革を行っていて、最後の再編にも手をつけるかもしれません」 ●ミサワホーム中国[JQ・1728] 目標株価470円 売買単位 1000株 現在株価 278円 予想PER 11.88倍 実績PBR 0.48倍 配当利回り 1.80%  これまで各地域にあったミサワホームの子会社は再編され、残る子会社はミサワホーム中国のみ。ミサワホームは改革に前向きで、再編によっては意外高も?  最後の1銘柄は、医学生物学研究所。 「今年4月に化学メーカーのJSRが公開買い付けを行い、医学生物学研究所の筆頭株主になっています。中長期目線での大化けにも期待しています。また、この数年、ノーベル賞が発表される10月頃に期待感から跳ね上がることがあるので、短期目線でも面白そうな銘柄です」 ●医学生物学研究所[JQ・4557] 目標株価700円 売買単位 1000株 現在株価 489円 予想PER ―倍 実績PBR 1.81倍 配当利回り 0%  化学メーカーJSRが公開買い付けを行い、親会社に。10月から慶応大とJSRの共同研究に参画。ノーベル賞発表の前後に動意づくことが多く、短期目線もあり。  14億円トレーダーが徹底的にリサーチしたこれらの銘柄。今仕込めば、年末頃には圧倒的なパフォーマンスを遂げているはずだ! ※株価などのデータは8月28日時点のものです 取材・文/億超えトレーダー取材班 チャート協力/楽天証券
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right