電力の契約先切り替え1割を突破。新電力シェアトップは?

藤森 禮一郎

photo by sarangib via pixbay (CC0 PublicDomain)

 電力市場で小売り自由化が実施されて1年余。電力会社の契約先を切り替えるスイッチング件数が5月で全体の10%を超えました。経済産業省の電力・ガス取引監視等委員会は8月22日、5月時点での一般家庭向け(低圧)における電力契約のスイッチング件数が約634万件に達したと発表しました。スイッチング率は10.1%でとなりました。自由化後1年で一区切りとなる1割を超えたことになります。

スイッチング件数10%超え

 スイッチング件数の内訳を見てみましょう。みなし小売り電気事業者(旧一般電気事業者、10電力会社のこと)から新電力へのスイッチング件数が約353万件で約5.6%、みなし小売り電気事業者内のスイッチング件数が約281万件で約4.5%に達しました。新電力に切り替えず、地元の電力会社との契約を維持しつつ、自由化料金メニューに切り替えた顧客が案外多いことがわかりました。  では、販売電力量で見てみましょう。昨年の4月以降、小売り電力市場における新電力のシェアは徐々に拡大してきていますが、今年4月時点で販売電力量ベースの新電力シェアは約9.2%に達しています。  電圧別に見ると産業向けの特別高圧・高圧分野に占める新電力シェアは約12.1%、低圧分野に占める新電力シェアは約4.6%となりました。スイッチング率と新電力シェアに多少のズレがありますが、これはスイッチング件数が契約口数であるのに対し、新電力シェアは販売電力量をベースにしているからですね。  自由化に伴い、小売りの新電力数百社が誕生しましたが、総販売電力量(低圧)に占める新電力各社のシェアを見てみましょう。4月時点の上位各社のシェアは以下の通りです。 1 東京ガス・・・・・24% 2 KDDI・・・・・・・13% 3 大阪瓦斯・・・・・11% 4 JXFGエネルギー・・8% 5 大東エナジー・・・3% 6 サイサン・・・・・3% 7 東急パワーサプライ・・2% 8 ジェイコムウエスト・・2% 9 SBパワー・・・・・2% 10 ケイ・オプティコム・・2% 11~20・・・1% (Looop、MCリテールエナジー、ジェイコムイースト、エネット、北海道瓦斯、ハルエネ、サミットエナジー、ミツウロコ、イーレックス・スパーク・マーケッティング、イーレックス・スパーク・エリアマーケッティング) (注)各社別のデータは4月の販売実績に基づくものです。
次のページ 
消費者の反応はややクール?
1
2
関連記事