財務省側が森友学園に便宜の揺るぎない証拠。大阪地検特捜部は近畿財務局を強制捜索すべき

菅野完

撮影/菅野完

 前稿(【森友学園】佐川国税庁長官の国会答弁を覆す音声データ完全公開!)では、2016年5月16日に塚本幼稚園内にて行われた、学校法人森友学園の籠池理事長夫妻と財務省近畿財務局との交渉の様子が納められた音声データをほぼそのままの形(幼稚園児の個人名が入る部分だけは修正)で公開した。

 本稿では、予告通り、この音声データの文字起こしを公開するとともに、この交渉の重要性について解説していこう。

⇒【音声データ前編】http://youtu.be/aoRXoDei8To

⇒【音声データ後編】http://youtu.be/tcFBX7KrtyU

※全文書き起こしデータ https://hbol.jp/150098

財務省はなぜ無茶な籠池夫妻の要求を突っぱねなかった?

 音声データを一通り聴いて最も印象に残るのは、「籠池夫妻の無茶苦茶さ」であろう。とりわけ、詢子氏の態度は愚かで醜く、かつ乱暴でさえある。近畿財務局からわざわざ塚本幼稚園に出向いてきた池田統括官に対して、「もう帰って!!」と叫び号泣してみせる様は、滑稽といってもいいほどだ。

 詢子氏だけでなく、やおらダイオキシンの存在を持ち出し池田統括官に凄んでみせる泰典氏のやり口も、芝居じみており稚拙だ。音声データを聴いていると「泣き喚いてあの土地の瑕疵をあげつらい、工期の遅れを主張することで損害賠償請求をちらつかせ、なんとかして土地の値段を下げよう」という方針が籠池夫妻の基本戦略であることが理解できよう。

 まずなにより、この籠池夫妻の戦略を理解しておく必要がある。音声データに収録された2016年5月16日の交渉だけでなく、それ以前からも籠池夫妻はこの基本戦略にのっとって、財務省と交渉してきた。そのために、夫妻は、ゴミの存在やダイオキシンの検出などを最大限に利用しつづけてきたのだ。

 こうした籠池夫妻のやり口は、卑怯、卑劣、不誠実と徹底的に非難されるべきだろう。この戦略やロジックを擁護するのはなかなかに厳しい。

 しかし、いかに卑怯なやり口とはいえ、国有地を買う側として、「少しでも安く買おう」とするのは当然の話だ。その交渉の過程でいかに卑怯な手口を使おうともそれは倫理的な問題を含むだけであり、なんら不法性はない。籠池夫妻のやり口が卑怯でありその主張が荒唐無稽であれば、単に財務省が、「そちらとの交渉はこれ以上出来ない」と突っぱねればよい。

 だが、財務省はそうしなかった。

 財務省は、卑怯なやり口で荒唐無稽な要求を繰り出す籠池夫妻を門前払いすることなく、長々と交渉に付き合い、この音声データに収録された交渉のように、わざわざ籠池夫妻が陣取る塚本幼稚園にまで出向いて、丁寧な説明と交渉を重ねている

 しかも、財務省は次々と、籠池夫妻の便宜を図るような発言を繰り出している。

次のページ 
財務省側の「便宜を図る」ような発言
1
2
3
日本会議の研究

「右傾化」の淵源はどこなのか?「日本会議」とは何なのか?

4
5
関連記事
6
7