十分な警戒態勢にありながら未然に防げなかったバルセロナのテロ【現地在住記者リポート】

痛ましいテロの舞台になったランブラス通り。photo by Marie Thérèse Hébert & Jean Robert Thibault via flickr(CC BY-SA 2.0)

 スペインの第二都市バルセロナで8月17日午後5時頃、ラス・ランブラス通りで一台のワゴン車がS字を描くようにハンドルを切って歩行者を片っ端からはねるというテロ事件が発生した。13人が死亡し、130人以上が負傷。その内の16人は重体だという。死傷者は34か国に及ぶそうだ。

 その後、18日の未明にはバルセロナから100㎞西南に位置するリゾート地カンブリルスでAudi A3に乗った5人が自治警察の一時停止を無視して警官一人をはねて走行を続けるという出来事があった。警察は早速その車を目掛けて発砲。車が重心を失って横転し、中から出て来た爆薬をベルトに身に着けた4人を警察は射殺。一人は逃走し、丁度その時、歩道を歩いていた女性を負傷させた後、同じく警察に撃たれて死亡。負傷したその女性は病院で死亡した。この5人の中にラス・ランブラスで13人を死亡させた17歳の運転手もいたことがその後の調査から判明しているが、自治警察はまだその最終確認を保留にしている。尚、彼らが身に着けていた爆薬は偽物であったことも判明している。

 筆者が在住しているバレンシア州も、テロ事件の起きたカタルーニャ州に隣接しているということで警察の警備体制がより厳重になっている。

 バレンシア州の多くのリゾート地ではビーチに面した散歩道にコンクリートのブロックや巨大なセメントの植木鉢を早速設置している所が多くなっている。車が散歩道に突入できないようにするためである。

 筆者の自宅がある小さな町では役場がいつも掲揚している国旗、州旗、町旗の3本は弔意を表して全て半旗となっている。今回のテロ事件はスペイン国民全てが悲しみに浸る出来事になってしまった。

 過去に私が書いた記事(参照:欧州で激化するテロ攻撃、次の標的は「スペイン」説が浮上)のように、イスラム国とアルカエダによるテロ攻撃の対象国としてスペインは常に標的にされていた。その関係もあって、スペインはテロ警戒レベル「4」にして警戒体制を敷いている。バルセロナはその中でも最も危険度の高い都市とされていた。

CIAは予見していたテロ攻撃

 スペインがテロリストに狙われているのは先ず歴史的な理由がある。

 イスラム国とアルカイダのムスリム・スンニ派の彼らにとって、スペインはムスリムに700年近く統治されていたという事実である。当時、ムスリムは現在のアンダルシア地方を基盤にスペインのイベリア半島の大半を支配して、彼らはスペインのことを通称アル・アンダルスと呼んでいた。テロリストはそのアル・アンダルスの領土の回復の為にテロ活動を行うとしたのである。

 彼らテロリストによる攻撃の懸念が高まったのが1年前にイスラム国が広報しているビデオ画面の中にスペインの<サグラダ・ファミリアの映像が流れた>時であった。そして、先月7月30日にはイスラム国のツイッターで<「スペインでカリフ(ムハマンドの後の最高指導者)を擁立するのだ。我々の領土を回復だ。アル・アンダルスを攻撃するのだ、もし神がそれを望むなら」>と綴って、スペインへの攻撃は間近だと伝えたのであった。(参照:「El Periodico」)

 そのため、テロ攻撃に備え治安機動隊(Guardia Civil)、国家警察(Policia Nacional)そしてカタルーニャ州の場合は自治警察(Mossos d’Esquadra)も警戒体制に入っていた。それに呼応するかのように、米国のCIAが6月に、ラス・ランブラスでテロ攻撃が起きる可能性があることを上述3者に伝えたというのである。

 米国はスペインでテロ攻撃がいずれあると見て、それを未然に防ぐ為に、2009年にバルセロナの米国領事館にも<ジハードに関係した諜報の為のアンテナを設置した>のである。それが、先に触れた情報となったのである。

次ページテロ準備で逮捕が続くも未然に防げず


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

欧米の貿易摩擦は加速するか

先週金曜日(22日)のサマリ 東京市場  ドル円は小動きな展開でした。仲値に向けた買いから小幅に上昇したものの、仲値後には失速し110.00円前後を静かに推移しました。また、日経平均が後場に入ると、260円超安となったものの影響は限定的でした。 ロンドン市場 欧州勢参入後には調整的な円売り… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由