スペイン語メディアが報じた元大統領候補マルコ・ルビオ暗殺計画に潜むベネズエラの闇

白石和幸
マルコ・ルビオ

フロリダ州選出の上院議員、マルコ・ルビオ。昨年の大統領選では共和党から出馬、当初はかなり有力視されていた。photo by Gage Skidmore via flickr (CC BY-SA 2.0)

 米国フロリダ州の共和党上院議員マルコ・ルビオ(46歳)を暗殺するように指示した人物がいるというニュースが8月13日に米国そしてラテンアメリカの各紙で報じられた。米国国家安全保障局がこの情報をキャッチしたのは凡そひと月前からだという。現在、彼にはSPがついている。

 マルコ・ルビオは昨年の大統領選挙で共和党から出馬している。キューバ移民2世で、ヒスパニック系議員の中では一番注目されている議員である。彼の外交姿勢はタカ派とされており、例えば、カストロがキューバを支配している限り民主化はないとしてオバマ前大統領のキューバとの国交回復には反対した。

 何故、マルコ・ルビオが狙われているのか? 理由は、ベネズエラの国家指導者層への批判をあらゆる機会を利用して止むことなく続けているからである。そして、ベネズエラの反体制派を支援し、政権交代に向けて米国議会にもプレッシャーを掛けているひとりである。

誰が暗殺を指示したか?

 暗殺を指示したのは誰か? ディオスダド・カベーリョという人物であるという。彼はベネズエラでマドゥロ大統領の次に位置づけされている軍人で、国民議会の元議長だった。今回、実施された憲法制定議会選挙でも議員に選出されている。ベネズエラの権力を実質握っているのはマドゥロではなく、カベーリョだと言われている。そして、彼はカルテル麻薬組織のリーダーでもあるとされている。

 ベネズエラで憲法制定議会の投票が実施された後、ルビオはベネズエラのテレビ局『Globovision』を通してマドゥロ独裁政治を批判し、原油を安価でキューバなどに提供し、僅かに得た外貨は利息の支払いに充てていると言及した。また、食料や医薬品が不足しているのも全て<マドゥロの僭主政治によるものである>と強く批判した。(参照「Globovision」)

 また、米国の上院外交委員会においてルビオはベネズエラのディオスダド・カベーリョを指して、<「これまで見たすべてのことをもとにした私の見解は、彼は単に政治リーダーだけでなく、ベネズエラにおける麻薬密売人でパブロ・エスコバルのような存在だ」>と述べたのである。(参照:「El Tiempo」)

 ちなみに、パブロ・エスコバルという人物はメキシコの前にコロンビアが麻薬供給の巣窟となっていた時代にそれを支配していた人物である。

 ディオスダド・カベーリョはチャベス前大統領がクーデターを遂行した時に少尉として加わり、その後もチャベスに忠実な部下として仕えていた。当初、チャベスの後継者と目されていた人物だった。マドゥロが後継者に指名されると、カベーリョは国民議会の議長のポストに就いた。軍部を実質支配しているのはカベーリョだとされている。

次のページ 
背景に国家ぐるみの麻薬組織!?

1
2
4
5
関連記事
6
7