一か月前のアポはあってないようなもの。中東の起業大国イスラエルの常識とは

加藤清司
テルアビブ市内の夜明け

テルアビブ市内の夜明け(筆者撮影)

 イスラエルの会社と仕事するときに知っておきたい勘所はいくつかある。

 しかし、孫子の「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」は、特段、イスラエルに限ったことではない。「イスラエルの会社ってどういう会社ですか?」と聞かれると、「会社(人)に依ります」と答える。そう答えてしまうと、本連載では、元も子もないが、これは本当に会社に依るところが起きい、一言でいうと、多様性の塊なのである。

 そうは言っても、イスラエル企業とビジネスをする際に、陥りそうな落とし穴は予め知っておくに越したことはない。今回は、まず実際のビジネスの入り口で起こりがちな事である。

1.一か月先の約束は合ってないようなもの

 海外への出張となると、できるビジネスマンほど、前倒しで動きたいというのが日本人の心情だろうか。というのも、出張となると訪問先に、しっかりアポが取れるかどうかを確認しておきたい。となると、予め訪問先のアポを取っておきたいと先手で動くことになる。

 ただ、いざ出張の日になって現地に行くときは、注意しよう。アポを入れている日が、出張一か月以上前だと、(悪気は一切ないが)忘れていることもある。ただ、最近は、しっかりしているイスラエル人も多く、事前にグーグルカレンダーのスケジュールで確認が来たり、前日に明日のMtgについて確認の連絡がきたりする。

 とあるスタートアップのCEOに聞いてみたら、イスラエルは物事のスピードが速く、話が良く変わる。そのため、日々優先順位が変わっているため、直前に会う目的や優先順位が変わることも多いため、確認が必要である。なるほど。この国は、年間800~1000社のスタートアップが生まれ、企業買収も年間100程度起こる。スタートアップの状況などは、1年経つと全く状況が変わり、経営陣が全て変わってしまうようなこともある。

 少し面倒かもしれないが、出張で日本を発つ前、もしくは現地に到着後、アポの前日などまでには、アポイントの日時場所の確認と、先方の電話番号は最低限聞いておくのが賢明である。

次のページ 
対日本人と同じコミュニケーションでは通用しない

1
2
4
5
関連記事
6
7