韓流アイドルの副業がエグい!元KARAのメンバーが行うビルオーナービジネス

安達夕
 韓国のガールズグループ・KARAのメンバーとして活躍していた女優のハラ(26)が、韓国のセレブ街と言われている江南(カンナム)にある32億ウォン(約3億1400万円)のビルのオーナーになった。芸能人で不動産オーナーになることは珍しくないが、20代で江南(カンナム)となると話は稀で、話題になっている。

 不動産関係者の話によると、ハラが2015年に購入した物件は地下1階、地上4階の低層ビル。ビルの延床面積は574.97平方メートル(173.92坪)。周りは閑静な住宅街で好立地だ。関係者は「このビルは高い賃貸収益が期待できる物件で、駅近ということで賃貸需要も高い。高級感ある周辺地域の雰囲気もプラス要素。現在、このビルの時価が37億ウォン(約3億6300万円)台に跳ね上がっているほどだ」と話している。

 ビルは全階ワンルームの短期型賃貸で、保証金3200万ウォン(約319万円)、家賃は月1650万ウォン台(約164万円)とかなりのセレブ物件。

(※韓国では最初に払う保証金の額が多いほど月々の家賃が少なくなるという特徴がある。支払った保証金は契約期間終了時に全額返金されるが、月々の家賃が支払えないと保証金から家賃が差し引かれるシステム)

 ハラはこの物件購入に伴い、銀行から19億5000万ウォン(約1億9472万円)相当を借り入れている。しかし、この程度のローンなんてなんのその。このビルの利率は10%程度で、江南平均の建物の利率は3%程度。比べてみると、このビルが、いかに利益率が高いのかよくわかる。日本で考えてみると、東京や横浜のような立地での利率は10%以下で、10%以上の物件が売りに出ることはないに等しいと言われている。(参考

 なお、ハラは2012年にも江南の清潭洞(チョンダムドン)に一軒家を購入している。

 当時の購入額は11億5600万ウォン(約1億1543万円)。独自のリフォームを施し、カフェや事務所、ネイルショップなど様々なテナントに貸出した。この時の設定賃料は保証金7000万ウォン(約699万円)、家賃は月750万ウォン(約74万円)。一軒家を商業ビルとしてリフォームすることで市場価値を急騰させ、購入から3年経った2015年にこのビルを20億8000万ウォン(約2億770万円)で売却した。当時から得ていた賃料収入と物件価値の差額を合わせても相当な利益を得ている。まさに、不動産ビジネスの専門家だ。

次のページ 
一方、同メンバーのスンヨンは大コケ!

1
2
3
4
5
関連記事
6
7