ウイダーinゼリーの投票キャンペーンで起きた大いなる悪ノリを、主催者は予想できなかったのか

安達夕

「フレフレ、部活。母校にinゼリーキャンペーン2017」投票結果発表ページは異例の事態に(画像は公式HPより)

 森永製菓が行った、自社製品「ウイダーinゼリー」の販促キャンペーンがネット上を騒がせている。

 このキャンペーンは、「フレフレ、部活。母校にinゼリーキャンペーン2017」と銘打ち、ウイダーinゼリーを購入するしないに関わらず、すべての人たちがスマホやPCを使って「自分の母校の部活に差し入れを出来る」というもの。

 キャンペーン参加者(誰でも参加可能)たちは、ウイダーinゼリーの特設ページから、自身の母校を探し、更には自分が所属していた「部活」を探す。万が一、登録されていない場合は運営事務局に言えば追加登録もしてくれる。そして「部活を応援する」というボタンをクリックする。クリックは一日一回だが、日付が変わればまたクリック出来る。

 このクリック数が全国1位になれば、特性のスペシャル垂れ幕(よく校舎に吊り下げられている「祝 全国大会出場!」のような垂れ幕)が送られ、全国1位~3位には、特製の「巨大ウイダーinゼリー」が送られる。

 その他の部活には、応援クリックが10票以上入った部を対象に抽選を行い、全国の500の部活にウイダーinゼリーが1ケース(36個)送られるという。

 このキャンペーンは、昨年度も行われ好評だったため、今年も開催された。キャンペーン期間は、6月1日から30日までの1か月間。

 自分の母校、自分が所属した部を直接、応援・アピールできる機会とあって、特設ページの投票数は日ごとに伸びていく。筆者も、なんとも健康的で、且つ企業の販促キャンペーンとしては中々完成度が高いと感じた。ちなみに、このキャンペーンを運営しているのは大手広告代理店の電通である。

次のページ 
瞬く間に「祭り」の標的に

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7