「辞めろ」コールにブチ切れる安倍首相に、自民党議員も困惑

足立力也
 東京都議選最終日、安倍首相の応援演説に際して「安倍辞めろ」コールが観衆から沸き起こり、これに対して首相が群衆を指差しつつ「こんな人たちにみなさん、私たちは負けるわけにはいかない!」と感情もあらわに絶叫。この「事件」に関して、メディアやネットでは賛否両論が渦巻いている。

候補者・弁士にとってはヤジも嬉しい!?

7月1日、秋葉原での街頭演説でヤジに対して「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と激高した安倍首相

 この議論に、候補者もしくは弁士(演説をする人)の目線がないことは、街頭演説経験者ならすぐに気づくだろう。実は、自民党を含めて多くの政治家は「無反応よりもヤジがあったほうが嬉しい」と口を揃える。「ヤジに対応することで自分が鍛えられる」というのだ。

 街頭でのヤジは、政治家を成長させる肥やしのようなものだ。うまく立ち回れば、支持者や票数の増加にもつながる。もちろんそれに失敗すれば、票数は減る。安倍首相が今回応援に入った千代田区の自民党候補は、都民ファースト候補にダブルスコアで負けた。その結果が如実に物語っている。

 街頭でのリアクションで、候補者や弁士は「一般市民の手応え」を探る。ノーリアクションだと、票の積み上げ計算もままならないのだ。「ヤジでも(反応自体が)嬉しい」と誰もが言う背景には、一票一票を積み上げる選挙の鉄則がある。

 2004年の参院選に立候補した筆者自身、街頭演説でヤジを受けた経験がある。そんな時にはここぞとばかりに演説を中断し、ヤジを飛ばした聴衆と掛け合いをしたものだった。そこにはシナリオも馴れ合いもない。本気度と実力が試される、ガチの勝負だ。そこで多くの聴衆に鍛えられてこそいい候補者になれるというのは、立候補経験のある人なら誰もが共有している法則だろう。

次のページ 
街頭でこそ候補者の器量と機転がわかる

1
2
4
5
関連記事
6
7