労働時間短縮の裏側で起こっていること「部長、残業しちゃダメですか?」事件簿3連発

大槻智之

photo by はむぱん

長時間労働の是正をどうするか?

「働き方改革」がたびたびメディアに登場することが多くなるにつれ、“長時間労働の是正”に本腰を入れ始める企業が増えてきました。もちろん、労働基準監督官による臨検をはじめとして、行政が長時間労働の是正に力を入れていることが要因ではあるのですが、人材確保という意味でも職場環境の改善に取り組まざるを得なくなってきているのも大きな要因となっています。

 勤務インターバルやテレワーク、プレミアムフライデーや年次有給休暇の計画的付与など、制度を導入することで労働時間短縮(時短)を促進したり、AIをはじめとしたITへの投資を強化することにより業務の効率化を図るなど時短に向けた取り組みは各社さまざまです。

 ただし、「時短はしたいが特にアイディアが無い」なんていう会社があるのも事実です。そんな会社ではこんなことが起こっています。

事件簿【1】時短ハラスメント?

「いいから帰りなさい」

 こう、部長から日々せっつかれるようになったYさんの口からはこんな愚痴がこぼれます。

「部長は“帰れ帰れ”と言うけれど、仕事量は全く減っていない。お客様には迷惑かけられないし……」

 実はこの会社、労働基準監督官による臨検を受け、労働時間について是正勧告を受けたため、時短に乗り出したのでした。是正勧告は月の残業時間が全社員平均して90時間にも及び、中でも長時間労働が目立っていたYさんの所属する商品企画部では、実に平均120時間にも及んでいたというのが大きな要因でした。そこで、経営陣より部長に対して「商品企画部の残業時間を80時間にせよ」との指示が出たのが事の始まりでした。

 Yさんにしてみれば、「仕事量は減らさないが残業時間は減らせ」という難題を押し付けられた上に、何もアイディアの無い部長には、ただひたすら「帰れ」と言われすっかりまいってしまいました。これを世間では時短ハラスメント略して“ジタハラ”と言う人もいるようです。

次のページ 
人事部課長が抱える悩み

1
2
3
4
5
関連記事
6
7