ニューヨーク在住のゲイ日本人弁護士「“カミングアウト”は本来、自分自身に対してするもの」

ゲイを公表している弁護士の芝亮さんはニューヨーク在住7年目となる

 6月25日、ニューヨークで毎年恒例のプライド・パレードが開催された。

 ニューヨークのプライド・パレード、いわゆるゲイ・パレードは、1年で最も盛り上がるイベントの1つで、セクシャルマイノリティはもちろん、そうでない人もレインボーカラーの旗や服を身にまとい、パレードで行進する人達を見届ける。

 今年のテーマは、「We are proud(私たちは誇らしい)」。

 不穏な政治情勢が続く中でもポジティブに立ち向かう彼らを象徴する言葉だ。3キロ余りのコースには、80もの山車(だし)を引っ提げた4万人の参加者が、それぞれの思いを胸に沿道へ手を振っていた。この日の独特な自由感を楽しむカップルの姿は、パレードのコースである5番街エリアからグリニッジビレッジまでだけでなく、ニューヨーク市内の至る所で多く見受けられ、一様に皆朗らかな様子だった。

 セクシャルマイノリティとは、同性愛者(レズビアン・ゲイ)、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的少数者のことを指す。それぞれの頭文字をとったLGBTという言葉は、日本でもここ数年で大分知られるようになってきた。

 ニューヨークで弁護士として活躍している日本人、芝亮さん(29)も、LGBTの1人だ。早稲田大学法学部卒業後、フォーダム大学ロースクール修士課程修了。その後弁護士となり、ニューヨークでの生活は今年で7年目になる。

 日本在住時から自らがゲイであることを隠すことなく、オープンに生きてきた彼に話を聞いた。

――セクシャルマイノリティという立場をどう受け止め、オープンにしてきたのでしょうか。

「自分がゲイだということは、日本にいる時から血液型や星座と同じくらいなものとして捉えてきました。もちろん血液型の要素よりは足かせになることはありましたが、恐らくそれはまだ日本にLGBTに対する情報が足りておらず、誤解や偏見が停滞してしまっているからだと思います。

 自分がLGBTであることを自然なことだと受け止められていれば、カミングアウトは家族や周囲にはあえてする必要がないはず。自分がストレート(異性愛者)だったら、わざわざカミングアウトしないですよね。LGBTでもそうあるべき。だから、私たちがさも悪いことをしているかのように、『今日話したいことがあるんだ』、『実は僕ゲイなんです、受け入れてください』というようなカミングアウトはしたくなかった。」

次ページ母親は、いつか来る日を面白く待ち構えていた


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由