経営トップが不在となったUber。キーマン入れ替えは吉と出るか

岡本泰輔
 ライドシェア最大手であるUberテクノロジーズのトラビス・カラニックCEOが辞任しました。自ら率先して辞任というより、株主の圧力により、辞任させられたといったほうがいいでしょう。

 これは異例の事態です。そもそも、カラニック氏はUber共同創業者。セクハラなど、いろいろ問題とされる企業風土を作り上げた悪しき功績はあるものの、Uberの企業価値を700億ドル(約7兆7900億円)とまで評価される会社に育てた、いわば剛腕経営者であることは事実です。

 カラニックCEO辞任は、自ら創業し、ここまで大きくした会社から「追い出された」に近いものがあるわけです。

 今回のケースでは、カラニックCEO辞任の背景には、株主の圧力があったとされています。

 具体的には、主要5株主が退任を迫ったとされていますが、中でも、主要株主の1社であるベンチマークというベンチャーキャピタルを中心に話が進められたとされています。

 そのベンチマークの中には、ベンチャーキャピタリストとして著名であり、早い段階からUberの将来性を見込んでいたビル・ガーリー氏も含まれています。

 ガーリー氏はUberの取締役を任されていたぐらいですから、カラニックCEO辞任に際し、大変な影響力があった人物と考えれてもいます。

 主要株主が辞任を迫り、カラニックCEO辞任。そしてその翌日、辞任を迫った側であるガーリー氏が、Uberの取締役を辞任する、と報じられました。

 いったい何が起こっているのでしょうか?

 ブルームバーグは、Uber内にガーリー氏の敵が生まれたから辞任する、とする関係者の話を報道しました。

 よくよく考えてみると、Uberは企業価値700億ドルではあるものの、設立は2009年という、生まれてから10年も経っていないベンチャー企業です。創業者CEO中心に会社の風土が生み出され、急成長を遂げてきたベンチャー企業において、創業者CEOを支持する人が多くいるのは当然のことでしょう。

 ガーリー氏はこれまでカラニック氏を支えてきて、取締役でもあった。なのに、カラニック氏批判を始めた。その後、カラニック氏はCEO辞任という結果になってしまった。

 創業者CEOの支持者の目線で考えると、ガーリー氏を敵視したい気持ちも分からなくもないでしょう。

 名物CEOは辞任、Uberの将来を見込んだ著名ベンチャーキャピタリストも取締役辞任。超急成長を遂げたUberの主要メンバーの交代が進んでいます。

次のページ 
次期CEOが背負う、2つの大きな課題

1
2
4
5
関連記事
6
7