「上海住宅デモ」のあまりに酷い真相と、デモ参加者に届いた恐怖のメッセージ

CC0 Public Domain

 上海で住宅規制に反対するデモが起き、日本でも報じられた。(参照:「毎日新聞」)

 そして今、このデモに参加した人々のSNSに恐ろしいメッセージが届き始めているという。

 このデモを企画していたSNSのグループが「提示定小该群因涉及违反相关条例,已被永久封停不能使用(このグループは規則違反のため永久的に閉鎖されます)」というメッセージとともにアクセス不能になり、参加者のもとに公安当局から電話が掛かってきたのである。

情報交換をしていたSNSのグループに突如このような通知が……

 中国在住の日本人駐在員であるMさんは語る。
「中国ではそもそもすべての不動産売買は、定期借地権の売買であり、土地は国家のものというのが前提としてあります。そのうえで、土地使用についても住宅用や商業用などと細かに別れており、それぞれによって借地権の期限が異なるんです。住宅用はその期限が70年と長いのが特長で、さらに大きなメリットとして、中国の都市でさまざまな社会保障を受けられる『戸籍』を取得できるという点があるため、私が住む上海などは非常に貴重でプレミアム的なものだったんです」

 実は中国では戸籍は日本と違い簡単に移動ができない。もしその土地の出身者以外が戸籍を登録しようとしたら、その土地の戸籍所有者と結婚したり、中国政府が運営する市民スコア(市民の学歴、勤続年数、社会保障費の納付期間、職業、所得税の納付額、貢献度などによってポイントが加算され、それによって市民の社会的信用度を評価するというシステム)を120ポイント以上にしたり、その土地の住宅区分地にある家を買うなどしないとその都市の戸籍を得ることはできないのだ。

 そして、このことが上海における住居の高騰の一因となっているのである。」

「ただでさえ、住宅用の土地は政府によって供給が制限されているわけで、その上に、人気都市である上海の戸籍がついてくるわけで、上海の住宅は非常に価値の高いものになり、ここ数年バブルの様相を呈し、もはや普通のホワイトカラーでは買えないほど高価格になっていました」

 そこに登場したのが、今回規制の対象になった「酒店式公寓(ホテル式アパートメント)」だ。

次のページ 
突然の政府の方針転換で追い出される住民
1
2
3
4
5
関連記事
6
7