痴漢冤罪事件に巻き込まれるとどうなるか? 経験者曰く「駅員室に入るとほとんど終了!?」

駅員室に行くと、どうなる?

 痴漢の疑いを掛けられた場合の対処法について、「駅員室には行くな」という意見がよく出る。たしかに痴漢の疑いを掛けられ、電車から降ろされると、駅員は被害者と、痴漢の疑いがある人を駅員室に連れて行こうとする。  駅員室に行くと、痴漢の容疑の疑いがある人は、被害者とは隔離され、駅員は警察を呼ぶ。駅員にとって、駅構内のトラブルを収めることは業務のひとつだが、刑事事件が発生した以上、後のことは全部警察に丸投げするというのはよくあるスタンスだ。  また、2つ目のよくある対処法として、名刺などを渡して身分を明かし、その場から堂々と立ち去るという方法もある。しかし、これの成功率はそれほど高くなく、被害者や駅員の強引な誘導によって、駅員室まで連れ込まれてしまうことがほとんどだ。

突然、制服の警察官が登場!

 そうして駅員室に連れて行かれたとき、駅員は「別々に事情を聞くから…」と言い、まず被害者と被疑者を完全に引き離す。おそらく裁判の公判まで、2度と会うことはないだろう(幸運にも起訴されなったら、本当にもう2度と会うことはない)。  そして、初動として最寄の交番や派出所から制服警官がやってくる。警察官は通常2人で来て、被害者と被疑者に対して、とりあえず駅員室で話を聞いてくる。 「お宅、痴漢したわけ?」  あくまでも私見だが、痴漢の疑いを掛けられた人に対して、警察官は最初から疑いの眼差しを向け、不信感いっぱいで聞いてくる。 「いえ!やってません!」  なんて、いくら訴えてもほとんど効果はない。
次のページ 
最寄の警察署に連行される!
1
2
3
痴漢に間違われたらこうなります!

痴漢冤罪とどう戦うか!?

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right