トランプに舐められまいと対抗意識を燃やす、仏マクロン大統領の意地

 マクロンというフランス最年少大統領は、思った以上にトランプ大統領を「意識」しているのではないか。

 筆者は、最近のマクロン大統領とトランプ大統領の交わりを見る中で、そう考えるようになりました。

 ここでいう「意識」とは、存在を意識し、圧倒されないよう、細心の注意を払っているという意味でもあります。

 マクロン大統領は、上手に「立場が悪い」トランプ大統領を敵視することで、就任早々、リーダーシップを発揮しています。さらには、長期政権を敷いているベテラン、メルケル首相を仲間に加え、欧州 VS 米英という構図も生み出しています。

 まさに15年ぶりともいえる西欧のまとまり。イラク戦争に突っ走るアメリカに対し、西欧諸国が団結して対抗していた時以来です。

 今回は、マクロン大統領がどのようにトランプ大統領を「意識」して再威信の注意を払っているのか、最近の3事例を用いて考えてみたいと思います。

1.パリ協定離脱表明後のトランプ大統領への直接的非難、及び、皮肉

 1日、トランプ大統領は、パリ協定から離脱することを表明。

 画期的な枠組みからの突然の離脱に、世界中から、さらには米国内からも、トランプ大統領に対して厳しい視線が向けられました。

 その後、「パリ」協定とあるように、フランスが率先してコメントできる立場にいる状況下で、存在感を示したのがマクロン大統領となります。

 マクロン大統領はトランプ大統領の離脱表明後、素早く英語で演説を行いました。演説の中で、トランプ大統領の決断は「間違いだ」と明確に言い切りました。

 さらに傑作だったのは演説の最後のセリフ。

 マクロン大統領は、「Make our planet great again」(我々の惑星を再び偉大にしよう)と、演説を締めくくっているのです。

 そうです、これはトランプ大統領に対する当てつけのセリフなわけです。

 トランプ大統領は選挙戦中だけでなく、就任演説でも、「Make America great again」(アメリカを再び偉大にしよう)

 という言葉を使っていましたが、マクロン大統領はこれを少し言い換え、アメリカを偉大にする以上に、惑星を偉大にする方が大切だろう、ということを暗に示したわけです。

 ストレートに「間違いだ」と批判するにとどまらず、皮肉も込めてのトランプ批判。米国という大国に対し、「全世界」に向けて、なかなか機転の利いた対応をとったといえます。

次ページトランプの握手を強気で握り返す


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由