いま、主婦に最も人気のバイト先第一位は?

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナグ・ソリューションズ/本社:東京都千代田区)は、子供の新生活対応も一段落し、これからアルバイト探しを本格化させる主婦たちを対象とした「アルバイト採用ブランドランキング【主婦編】」を発表しました。(調査期間:2017/1/27~2017/2/1、調査対象:アルバイト・パートに直近で接点がある全国の18~69歳までの1,000人)

身近バイトの代名詞「コンビニ」上位独占!

 今回の調査における「アルバイト採用ブランド」1位はセブン-イレブン。2位ローソン、3位ファミリーマートと、コンビニエンスストアの3大ブランドがトップ3を独占しました。

⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=141537

「ツナグ働き方研究所」リリースより

 10位圏内には、100円ショップのザ・ダイソーやセリア、同じく身近なアルバイトブランドのマクドナルドやイオンも名を連ねています。スターバックスコーヒーや無印良品、東京ディズニーリゾートといったキラキラバイト系もランクインしているものの、やはり勤務時間や勤務場所のハードルが低そうな職場が主婦から求められているということが、改めて浮き彫りになりました。

主婦は、圧倒的に「時間」や「場所」というキーワード重視!

 アルバイトを選択する際において重視する因子は、求職者全体では「時間」「給与」「場所」という条件系因子となっています。アルバイトを選ぶうえで条件面がまずベースとなるのは、想像通りの結果ではありますが、主婦は、その条件因子への重要度に特徴があります。

 主婦が一番重視しているのは「時間」(22.4%)、次いで「場所」(19.8%)という結果でした。求職者全体と比較すると前者で+2.6ポイント、後者で+2.4ポイント。このふたつの因子がより重要だと捉えられているのです。一方、求職者全体で最も重要とされた「給与」は18.0%で3番目のスコア。求職者全体からも▲3.3ポイントと、重視度が低く出ています。しかも、年齢別でさらに細分化すると、35歳以上の主婦層においてこの傾向はさらに顕著です。この層は子育てに多くの時間を要する主婦が多い層。いわば、子育てを“本業”と見立てると、アルバイトやパートで働くことは、ある意味でダブルワーク先を探しているということと同義とも考えられます。そうすると当然、本業に支障をきたさないことが前提になるわけで、「給与」を諦めても、「時間」や「場所」を優先するのは、自然な流れなのでしょう。

次のページ 
店舗数の多さも重要な要素

1
2
4
5
関連記事
6
7