新宿中村屋、日本初のインドカレーは“革命の味”

中村屋の「純印度式カリー」は不動の一番人気

 1927年(昭和2年)、新宿中村屋が日本で初めてインドカレーを提供したことはカレー好きの間では有名な話。現在の“おうちカレー”のルーツである洋食カレーライスしか知られていなかった1900年代初頭に、中村屋はなぜインドカレーを提供することができたのか? いったい、誰がインドカレーの作り方を教えたのか?

 ……と、中村屋とインドカレーの歴史を紐解くと、ラス・ビハリ・ボースというインド人革命家にたどり着きます。このボースこそが中村屋にインドカレーを教えたその人であり、看板メニューである「純印度式カリー」の歴史はここから始まったのです。

 さて、中村屋はボースとどんな関係にあったのでしょうか。実は、中村屋の創業者・相馬愛蔵氏は、ボースを政府や警察から必死にかくまい続けた“命の恩人”だったのです。

次のページ 
なぜインド人革命家をかくまった?

1
2
3
初めての東京スパイスカレーガイド

“スパイスカレー”の味の虜になること必至

4
5
関連記事
6
7