韓国・文在寅新大統領、実は「負け」の専門家だった――受験に司法試験失敗、逮捕拘束、朴槿恵への敗北

安達夕

 2017年5月10日、韓国の第19代大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)大統領。文大統領の政見やこれまでの活動内容等については、韓国メディアのみならず日本やアメリカでも様々に報じられている。そんな中、韓国では文大統領の「再修生としての半生」という記事が注目を集めている。

「再修生」とは、日本でいう「留年生」という意味であり、一度チャレンジしたものをもう一度繰り返すことを言う。大統領選を前にした2月、文候補は自身を「再修(チェス)の専門家」であるとジョークながらに語っている。

「再修の専門家」とは、どういう意味なのか。隣国の大統領の数奇な半生を知る意味でも、そして彼自身の人となりを知る上でも、これは大事なキーワードであると思われる。

学生運動に没頭し受験失敗、逮捕拘束

 朝鮮戦争(1950-1953)の最中、53年1月に生まれた文大統領。彼が高等学校生徒であった1969年、当時の朴正煕大統領(罷免された朴槿恵大統領の父)は、当時2期10年が任期の上限であった憲法を、自身の政権延長のため、3選まで可能とする憲法改正に踏み切った。この憲法「改悪」に激怒した文氏は、学校でデモ隊を組み反対運動を主導した。運動に没頭する余り勉学が疎かになり大学入試に失敗。一度目の「再修生」となった。

 しかしその後、再び勉学に勤しみ、1972年に慶煕大学校法学部に首席で入学。一度目の挫折を最高の形で乗り越えた。

 大学生になった文氏は再び学生運動に没頭する。朴正煕大統領に反対する民主化運動の最中、文氏は警察隊の催涙ガスの直撃を受けたり、また逮捕されたりもする。ちなみに、韓国のファーストレディとなった妻とは、催涙ガスを受けた際に看病をしてくれた縁で仲を深めた。

 大学卒業後は兵役を務め、1978年に除隊。そこに父の急死が重なり、一家の長男として家族を守るため司法試験の準備を始めた。

 しかし試験には落ちる。二度目の「再修生」となる。翌年の1980年、必死に勉強し二度目の司法試験。しかし当時の全斗煥大統領が、韓国全土に広がる民主化運動の鎮圧のため、学生運動の前歴者を徹底的に追跡。文氏は訳も分からず拘置所に収監される。司法試験合格の報を、文氏は拘置所の中で聞いた。

 1982年、弁護士になった文氏は、後に韓国第16代大統領になる盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏の法律事務所に入所。「弁護士盧武鉉・文在寅合同法律事務所」を開設する。

次のページ 
文氏は慰安婦の日韓合意も「再修」とするのか?

1
2
4
5
関連記事
6
7