“コーヒーが健康に悪い”は嘘だった うつ病を防ぎ、寿命を伸ばすことが判明

コーヒーが万能の健康飲料だったことが最新の研究で明らかに

 かつて、コーヒーは体に悪い飲み物と言われていました。カフェインが胃腸の粘膜を荒らすうえに、睡眠の質を下げてしまうと考えられたからです。

 が、それも今は昔の話。ここ数年の研究によりコーヒーの立場は逆転し、科学の世界では、いまや「最強の健康飲料」と呼ぶ声まで出てきています。

 そのメリットは幅広く、ダイエットや集中力アップのような身近なものから、糖尿病やアルツハイマーといった難病にも効果があり、果ては寿命を伸ばす作用まで確認されたというから驚きです。

 コーヒーのメリットが見直され始めたのは2012年ごろのこと。カリフォルニア大学が402,260人を約13年にわたって追いかけたところ、コーヒーの量と死亡率には以下のような関係が見られたのです(1)。

飲めば飲むほど死亡率が下がる!

 コーヒーを飲む量が増えるほど死亡率は下がり、1日に4~5杯のあたりで効果がマックスに。それよりも多く飲んでしまうと、逆にメリットが低下し始めるようです。

 2014年にはさらに科学的な信頼性が高いメタ分析も行われ、約100万人を対象にコーヒーと全死亡率の関係が調べられましたが、こちらも結果は同じでした(2)。1日4杯のコーヒーにより、糖尿病や心疾患、アルツハイマーといった現代病にかかる確率が大きく下がったのです。

 大半のデータでは1日4~

5杯で効果が出ており、このあたりがコーヒーのスイートスポットと言えるでしょう。ここでいう「1杯」は250mlなので、普通の缶コーヒーを1日5~6本は飲む計算になります。なかなかの量ですね。

次ページカフェイン抜きの製品でも同じ効果が


一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

13キロのダイエットに成功した作者が語る

この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由