「ユーロ上昇」を示唆するたった1枚の図

Public Domain

 フランス大統領選挙を波乱なく通過したヨーロッパ。「ユーロ上昇が近いのは、この図を見てもらえれば明々白々」と語るのは、メルマガ「西原宏一のシンプルFX」で金利を軸とした分析を披露してくれる竹内典弘氏だ。その図とは?

金融政策サイクル末期に起こる「逆行現象」

 ECB(欧州中央銀行)は2014年から金融緩和を行なってきましたが、足元ではインフレ率はターゲットとする2%弱へ迫り、4月の景況感指数も10年ぶりの高水準を記録するなど、景気の改善が続いています。

 とくに強いのはドイツなどヨーロッパ北部です。ECB同様、金融緩和を行なっていたスウェーデン中銀では、すでに昨年末からテーパリング(金融緩和の縮小)を開始しています。それだけ北欧の景気は強い、ということです。

 テーパリングが始まると何が起こるのでしょうか。参考になるのはアメリカの事例です。アメリカではQE1、QE2と大規模な金融緩和を行ない、それにともなって通貨安が進んでいましたが、QE3(金融緩和第三弾)を開始したとたん、ドル高へと進んだのです。

take0201 金融政策サイクルの末期では、アメリカで起きたような金融政策と為替レートの「ダイバージェンス」(逆行現象)が頻繁に発生します。サイクルの末期になると、現在の政策ではなく近い将来の政策変更を織り込む動きが強まるためでしょう。ちなみに金融緩和だけでなく利上げ、利下げでもこの理論は当てはまります。

次ページ0.5%の金利差拡大でもユーロ/円は10円の上昇


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由