若者×自然エネルギーの“限界集落再生”が同時多発的に発生

木質バイオマス利用が盛んな岡山県西粟倉村で働く若者(映画『おだやかな革命』から)

 過疎化が進んだ「限界集落」に若者が移住し、太陽光や小水力、木質バイオマスといった自然エネルギーを利用して地域の再生に取り組む動きがある。「エネルギー自治」を通じて地域を再生する取り組みを、全国各地に取材したドキュメンタリー映画の製作が進行中だ。

自然エネルギーの収益を地域に再投資

小水力

岐阜県郡上市石徹白(いとしろ)の小水力発電所(映画『おだやかな革命』から)

「今の日本は、ジェットコースターが急激に落ちる手前のような状態。作品では、明治期から無理もして繁栄を極めた日本が、ここからどうすれば幸せになるのかを考えたかった」

 東京都内で行われた、製作中の映画『おだやかな革命』のパイロット版上映会で、渡辺智史監督はこう話した。

「地方の衰退」が叫ばれて久しいが、日本全体を見ても今後、急激な人口減少が予想されている。国は、2060年には現在の約3分の2に当たる8600万人にまで人口が減ると予測。さらに労働人口の減少に加えて国内市場も縮小していく未来の日本で、今までのように右肩上がりの経済成長を続けることはできるのか。

「それは難しいのではないか」と渡辺監督はみている。

 前作『よみがえりのレシピ』では「在来作物」に焦点を当てた渡辺監督。地域の気候や風土に合うよう長い時間をかけて改良された在来作物は、スーパーマーケットの台頭で規格化された野菜が大量に流通するようになると、人々から忘れ去られていった。

 だが、大量栽培には向かないものの、規格化された野菜にはない独特の味が再評価され、今では在来作物を地域おこしに生かす動きも生まれている。地域伝来の作物が受け継がれる様子を淡々と記録しているだけなのに、地域のあり方や食の安全保障など、さまざまな問題を考えさせられる作品だ。

 今回の最新作でも、渡辺監督は地方・地域にフォーカス。「過疎化が進み限界集落と化した里山(中山間地域)で、移住した若者を起点に地域が一体となり、自然エネルギー事業が立ち上がるケースが同時多発的に生まれている」という。この動きを追いかけた。

 そこでは自然エネルギーで発電し売電して得た収益を、農村振興や福祉、若者の起業支援などに再投資。地域内で「モノ・人・金」が循環する「幸せな地域経済」が生まれているとのことだ。

次ページ地方衰退で若者に活躍の余地?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル全面高の地合いに沿って、ドル円は強含みの展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では週末の5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが強まり、市場では「海外勢から買いが観測された」との指摘があったうえ、100円超下落して始まった日経平均株価が持ち直したことも支えとなり、一時107.73円近辺まで上値を伸ばしました。もっとも、日経平均… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由