死と直面しながら報道に務めるメキシコのジャーナリストたち

白石和幸
Debate

殺害された記者数を報じる「Debate」紙

 メキシコでジャーナリストの職業を選ぶことは死と直面して職務に取り組むことを覚悟せねばならない。特に、それが犯罪に関係したことを取材し報道して行く場合にその危険が一番多く伴う。

 3月に入って既に3人のジャーナリストが殺害された。昨年は<メキシコで11人のジャーナリストが殺害された>。これは<イラクの15人、アフガニスタンの13人に次ぐ3番目>に犠牲者の多い国となっている。この3か国以外に、<イエメン8人、グアテマラ6人、シリア6人、インド5人、パキスタン5人>が続く。

 国際ジャーナリスト連盟(IPJ)によると、これまで世界で殺害されたジャーナリストは<2015年が112人、2016年は93人>となっている。(参照:「Proceso」)

 しかし、メキシコにおける事態はいっそう深刻で、<2000年から2016年までに122人のジャーナリストが殺害された>というのである。特に、フェリペ・カルデロン前大統領が2006年に就任して、麻薬組織カルテルとの全面戦争を開始した同年からジャーナリストが殺害される事件が急増したのである。その中でも、ベラクルス州での殺害が一番多く、2000年から昨年まで<22人のジャーナリストが犠牲者>になっている。同州のカルテルと議員の癒着は顕著で、カルテルと関係していたことが明らかされているハビエル・ドゥアルテ州知事は現在も逃亡中である。(参照:「Debate」)

次のページ 
犯罪が減少しない理由

1
2
3
4
5
関連記事
6
7