脅威増す北朝鮮のロケット技術――「新型ロケット・エンジン」の実力を読み解く

鳥嶋真也

3月18日に実験が行われた「新型の大出力ロケット・エンジン」 Image Credit: KCTV

 北朝鮮は3月19日、国営メディアを通じて「新型の大出力ロケット・エンジンの地上噴射実験に成功した」と発表した。

 実験は現地時間18日の朝に、金正恩・朝鮮労働党委員長の立ち会いのもとで行われ、すべての実験目標を達成し、性能や信頼性が実証されたとしている。

 北朝鮮が「新型ロケット・エンジンの実験を行った」と発表したのは、2016年4月と9月に続いて3回目となるが、今回実験されたエンジンは、昨年9月のエンジンとほぼ同等ながら、いくつかの異なる点もある。そしてこの一連の実験の様子からは、国際社会からの長年の非難と懸念にもかかわらず、北朝鮮のロケット技術が着実に進歩していることが伺える。

昨年4月、9月に続く、3回目の新型エンジン燃焼実験

 2016年4月と9月、そして今回行われた「新型エンジン」の実験のうち、まず2016年4月に実験が行われたエンジンは、その形状から、「ムスダン」ミサイルのエンジンを2基、束ねたものであると推察されている。

 ムスダンは射程2500~3000kmほどの中距離弾道ミサイルとされるが、エンジンを2基にすれば、より重いものを飛ばすことができ、さらにその上に第2段、第3段のロケットを積めば、より遠くまで飛ばすことができる。

 北朝鮮はこのエンジンを、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)のためのエンジン」と称している。現在北朝鮮は、「KN-08」と「KN-14」の2種類のICBMを開発しているとされ、また双方にムスダンの技術が使われていると推察されている。したがって、このとき試験されたのは、このKN-08、もしくはKN-14に使用するためのエンジンだったのでは、という見方が強い。

 一方、2016年9月に実験されたエンジンは多くの謎を呼んだ。北朝鮮が「推力80トン級エンジン」と称するこのエンジンは、明らかにムスダンのエンジンとも、あるいはスカッドなど旧式のミサイルのエンジンとも形状が異なり、少なくとも北朝鮮にとって”新型”のエンジンであることは間違いなかった。

次のページ 
昨年9月に登場した新型エンジンの正体

1
2
3
4
5
関連記事
6
7