「トランプ相場」に乗せられて始める前に…夫婦で気を付けるべき投資デビューの注意点

 昨今のトランプ景気に乗っかって、投資への興味を抱く人も増えてきている。だが、「投資で資産を増やすことは、今後の人生設計において非常に大切なことですが、家庭を持っている人の場合は、投資をする際にいくつか注意すべき点があります」と語るのは、共著本『<貯蓄のプロ>と<ディグラム診断のプロ>が教える「夫婦のお金」の増やし方』を出版した家計再生コンサルタントの横山光昭氏。

投資をする際は、パートナーに報告することが家庭円満の秘訣

横山光昭氏

横山光昭氏

 家庭を持っている人が投資をする前に、どのような点に気を付けるべきなのか。横山氏はこう解説する。

「まず、一番やってはいけないのは、『パートナーに内緒で投資をする』パターンです。よく『文句を言われるのがイヤだから妻には投資をしていることは隠している』とか『秘密のお小遣いが欲しいからやっているので、夫には内緒でやっている』という人もいるのですが、これはダメです。言うまでもありませんが、投資はリターンだけではなくて、リスクももちろん存在するから。妻や夫に内緒で夫婦で貯めていた貯蓄を投資につぎ込んだものの、失敗してしまって、資産が激減してしまったというケースは珍しくありません。そうなってしまうと、夫婦間の信頼関係も揺らぎますし、なにより将来設計も大きく崩れてしまいます。だからこそ、投資をする上では、ちゃんとパートナーの合意を取っておくことが肝心です」

 ただ、リスクがあるからといって、投資を敬遠するのはもったいない。生活に多少の余裕がある場合は、まずはリスクが比較的低いものから投資をスタートすることを検討するべきと横山氏は提案する。

「投資をはじめる際は、年間予算を決めて、『どのくらいの金額を投資に回すか』を夫婦でよく話し合いましょう。また、一言に『投資』といってもローリスク・ローリターンなものから、ハイリスク・ハイリターンのものまで、いろいろあります。可能な限り、投資商品についてもしっかり二人で吟味するのが望ましいです」

次のページ 
投資商品を選ぶ際は性格に合ったものを

1
2
4
5
関連記事
6
7