はったりで世界を席巻させた!? ビル・ゲイツはなぜ世界一のお金持ちになれたのか?

高田晋一
 マイクロソフト社の創業者であり、史上最年少で米国長者番付1位、そして世界長者番付で13年連続1位となり、名実ともに現代社会で世界一の億万長者であるビル・ゲイツ。

 彼はいかにしてその地位を築き上げたのか。その秘密を彼の伝記『ビル・ゲイツ 巨大ソフトウェア帝国を築いた男』(ジェームズ・ウォレス&ジム・エリクソン・著 奥野卓司・監訳 ※絶版)から紐解いていきたいと思います。

スティーヴ・ジョブズとビル・ゲイツ(右)photo by Joi Ito CC BY 2.0

成功の秘訣① ハッタリをかます

 まずは彼と彼の盟友、ポール・アレンがマイクロソフト社を創業するきっかけとなるエピソードから見ていきましょう。

 当時、雑誌「ポピュラー・エレクトロニクス」を読み、世界初の個人向けコンピュータ、アルテア8080がMITS社によって開発されたことを知った2人は、これにプログラミング言語のBASICを移植することを決意します。

 そして、まだ実際には完成していなかったのにもかかわらず、ゲイツはMITS社に電話をかけ、同社のエンジニア、エド・ロバーツに向かって「アルテアコンピュータ用のBASICを開発した」とうそぶくのです。

 電話が終わった2人はその言葉がウソにならぬよう、すぐに開発に着手します。そして苦労の末に、ロバーツと約束した期日までに見事、BASICを完成させました。

 彼のこうした「ハッタリをかます」という習慣は、マイクロソフト社を創立してからも一貫しており、同社がコンピュータ業界の覇権を握るきっかけとなったウィンドウズシリーズも、1983年11月に記者発表された時点ではまだ設計すらできていなかったと言われています。

 そして、2年後にようやくウィンドウズ1.0がリリースされて以降、ヴァージョンアップを重ね、1995年にウィンドウズ95が発表されるとこれが世界を席巻して市場シェア1位となり、コンピュータ市場における絶対的な地位を築き上げるのです。

次のページ 
2つ目の成功の秘訣は?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7