デュッセルドルフ駅に現れた斧男の恐怖。無理な難民受け入れが難民自身のメンタルにダメージか

岡本泰輔
デュッセルドルフ駅

斧を持った男が市民を切りつけ、デュッセルドルフ駅が突如恐怖に陥れられた(写真は筆者が撮影)

「走れ!」
「逃げろ!」

 3月9日夜、ドイツデュッセルドルフの中央駅が大混乱に陥りました。

 列車から飛び降りた容疑者が、斧で無差別に次々と一般市民を切りつけ、被害者は9名。中には13歳の少女も含まれているとビルト紙が伝えています。

パニックの現場に偶然いた筆者も恐怖体験

 筆者は偶然にもこの日、デュッセルドルフに到着。デュッセルドルフにいただけでなく、大パニックとなった瞬間の現場にいました。

 何が起こったのかなど考えている暇もありませんでした。付近にいた全員が、大変なことが起こったに違いないと感じ、本能だけで一斉に逃げ始めていたと思います。

 まさにパニック映画の一場面のような状況。筆者も、とにかく駅から離れるため、全速力で走りました。走りながら、「テロ」と「爆弾」、この2つが脳裏に浮かんでいました。それぐらいのパニックの状況でした。大勢の人が一斉に、死に物狂いで駅から逃げていました。

 その後、すぐに駅に近づこうとする人は皆無。全員、呆然と立ち尽くしていました。少し離れた場所で様子をうかがっていたところ、あのパニックの瞬間から間もなく、武装し、マスクを被った警察の特殊部隊が到着しました。こんなにもたくさんいるのかと思えるぐらい、大量に、次から次へとやってきました。

 車から降り、いよいよ中央駅に向かうぞとなった時、特殊部隊の人が、引き金を引きました。

「ガチャッ」

 これを至近距離で聞いたときは、さすがに緊張が走りました。

次のページ 
犯人は精神を病んでいた

1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7