ベネズエラ次期大統領候補の不正を暴きすぎたCNN、放送禁止となる

岡本泰輔
 ベネズエラ政府は15日、CNNのスペイン語放送「CNNエスパニョール」を放送禁止にしました。  放送禁止となる前、CNNは、ベネズエラのタレク・エルアイサミ副大統領が不正なパスポート発給に関与したとする報道をしていました。放送禁止となったCNN曰く、ベネズエラのロドリゲス外相は、CNNの報道は「真っ赤な嘘」と批判したとしています。ベネズエラ当局は、CNNの報道が、「ベネズエラ国民の平和と民主的安定を脅かした」としています。  今回のCNNの報道は、内部告発者の証言及び機密文書が大きな部分を占めています。  証言したのは弁護士であるミサエル・ロペス氏。  ロペス氏は弁護士としてイラクのベネズエラ大使館で2013年から2015年までの間に活動していました。ロペス氏はこの間、明らかとも思えるベネズエラによるビザ発給などでの不正の疑いがあることに気づきました。複数の機密文書や証拠品の写真を撮影、そしてこの不正を政権中枢部にいる人間にまで報告したわけですが、誰として動かなかったとしています。  業を煮やしたロペス氏は、この資料をスペインにてFBIに手渡すことに。もちろん機密資料を手渡したということで、ロペス氏はベネズエラ当局から完全マークされ、今はスペインで自分と家族の今後を不安に思いながら過ごしているとしています。  このロペス氏への独占取材部分は、内部告発者の声とだけあり、見ていて非常に心を揺さぶられる内容となっていました。
次のページ 
副大統領が関わっているとされる機密文書
1
2
3
関連記事