Jリーグがタイで大会を主催「DAZN」との2100億円大型放映権契約でアジア戦略に弾みをつける

DAZNのバックアップも得てJリーグが主催した「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」

「東南アジアの優等生」といわれ順調な成長を続けるタイ。生活水準の向上とともに近年はスポーツ界の発展も顕著で、その象徴といえるのがサッカーだ。2010年代に入り急成長を遂げた国内リーグの盛り上がりを背景に、代表チームの実力も急上昇。オリンピックやワールドカップのアジア予選でも最終予選に駒を進めるまでになった。Jリーグがアジアの国々との連携をはかる「アジア戦略」でも、2012年に真っ先に提携を結んだのがタイリーグ。サッカーにおいても、東南アジアの先頭を走るリーダー的存在となっている。

 1月24日と26日の両日、タイ・バンコクで「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」が開催された。同大会はJリーグの「アジア戦略」の一環として行われたもので、Jリーグから鹿島アントラーズと横浜F・マリノスが参戦してタイリーグの2クラブと対戦。Jリーグ勢対タイリーグ勢というリーグ対抗戦形式でタイトルを争った。

 Jリーグは2012年からアジアのレベルアップとマーケットの拡大を目指し、「アジア戦略」を本格的にスタート。東南アジアを中心とするアジア各国とのリーグ間、クラブ間での提携をはじめ、育成年代を含めた選手や指導者の交流、東南アジア出身Jリーガーの排出などさまざまな角度から戦略を推し進めてきた。

次のページ 
DAZNとの10年契約で万全の体制

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7