伸びつつある「キャンピングカー」市場。その理由は?

レンタル事業への新規参入も

 キャンピングカーの利用は、キャンピングカーの購入によるものだけではない。キャンピングカーレンタル会社が存在する。関東地区で例を挙げると、株式会社アールブイランド、株式会社東和モータース販売、株式会社フジカーズジャパン、株式会社ナッツなどさまざまなキャンピングカーレンタル会社がある。  日本国内における訪日旅行客へのキャンピングカーレンタル事業を開始する動きもみられる。One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛けるエボラブルアジアである。  エボラブルアジアは、子会社である株式会社エルモンテRVジャパンを通じて、国内におけるキャンピングカーレンタル事業を、2017年6月より開始すると発表した。日本国内における訪日旅行客へのキャンピングカーレンタルについて、米国大手のキャンピングカーレンタル会社El Monte Rents, Incの全世界の全ての販売代理店の独占的な訪日旅行客受け入れ先となることに合意したという。(参照:同社リリース)  訪日観光客を増やす観光政策が行われていくことを併せて考えてみても、キャンピングカーレンタル事業は今後注目しておいたほうがよいだそう。 <文/丹羽唯一朗 photo by peagreenbean via pixabay(CC0 Public Domain)>
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right