伸びつつある「キャンピングカー」市場。その理由は?

丹羽唯一朗

photo by peagreenbean via pixabay(CC0 Public Domain )

 2月2日から5日までの4日間、幕張メッセで行われていたアジア最大級のキャンピングカーショーである「ジャパンキャンピングカーショー2017」が過去21回の歴史の中でも最多となる7万4259人の来場者を集めた。

「グランピング」などが話題になったり、アウトドア系の企業「スノーピーク」などが急成長するなど俄にアウトドアブームが到来している昨今。キャンピングカー市場にも変化が起きているのだ。

 一般社団法人「日本RV協会」が発行した「キャンピングカー白書2016」によれば、日本RV協会に所属するキャンピングカー事業者が2015年に出荷および輸入したキャンピングカーの総台数は5,264台、廃車台数は79台。それに、これまでの保有台数(推定89,800台)を足すと、日本国内におけるキャンピングカーの総保有台数は約95,100台と見積もることができるという。

 同様に、日本RV協会会員事業者による2015年の国産キャンピングカーの新車の総出荷台数は、軽自動車キャンピングカーを含め4,968台。これは、その前年(2014年)の4,434台を534台上回り、前年比12.0%増。2015年、キャンピングカーの売上金額は過去最高の約357億円を記録しており、キャンピングカーの市場は拡大しているのだ。

次のページ 
シニア層の増加が後押し

1
2
3
4
5
関連記事
6
7