植木等没後10年――「やりたいこと」をやらない哲学とは?


【石原壮一郎の名言に訊け】~植木等

Q:いちおう世間に名が知れている会社に勤めているし、結婚して子どももできた。仕事にも妻にも大きな不満はないし、子どもはかわいい。だけど時々、このままでいいのかと、たまらなく不安になることがある。本当は音楽が大好きで、ミュージシャンになりたいと思っていた。今も思っているが、実際は楽器を手にすることもない。やりたいこともやれない人生に、はたして意味があるのだろうか。(千葉県・30歳・食品)

A:そんなにやりたいなら、今からでもミュージシャンを目指せばいいんじゃないでしょうか。奥さんは反対するかもしれませんが、私はべつに反対しません。やりたいこともやれないんじゃなくて、単にあなたがやらないだけです。少なくとも、安定した仕事やかわいい奥さんや子どもを捨てる決心をするほど、やりたいわけじゃないってことですよね。

いや、すいません、意地悪な言い方をしました。「やりたいことをやる」というのは、カッコよさげで大きな意味がありそうですけど、本当にそうでしょうか。この相談は、人間は何のために生まれて、私たちは何のために生きているのかという問題でもあります。あなたは仕事をして、奥さんと力を合わせて子どもを育てている。やりたいことがあろうとなかろうと、そういう人生に意味がないとは言わせません。

今年は、俳優やコメディアンとして大活躍した植木等さんの没後10年に当たります。「無責任男」として一世を風靡した彼ですが、じつは極めて生真面目な人間で、お酒も飲めなかったとか。出世作となった「スーダラ節」(1961年発売)が大ヒットした頃を振り返って、のちにこんな言葉を残しています。

「自分がやりたいことと、やらなければならないことは別なんだ」

「スーダラ節は人生というものを分からせてくれた。自分がやりたいことと、やらなければならないことは別なんだと、教えてくれました」と言っています。彼にとって、この曲が描いている「無責任男」は、けっしてやりたいキャラクターではありませんでした。しかし、彼が「無責任男」としてたくさんの笑いを提供してくれたおかげで、当時の人びとがどれだけ励まされ、どれだけ日本が明るくなったことか。

余談ですが、青島幸男(のちの都知事)が作詞した「スーダラ節」は、酒やギャンブルの失敗を「わかっちゃいるけどやめられない」と笑ってしまう内容です。当初、この曲を歌うことに強い抵抗感があった植木等は、僧侶をしている父親に相談。すると父親は「素晴らしい! この『わかっちゃいるけどやめられない』は、親鸞聖人の教えに通じる人間の真理だ」と歌詞を絶賛します。彼は、なるほどそうかと歌うことを決意したとか。

植木等に限らず誰しも、「やりたいこと」のほうが「やらなければならないこと」より意味があるわけじゃありません。「やらなければならないこと」を放り出して「やりたいこと」をやったとして、それが「意味のある人生」かどうかは疑問です。そもそも、それほど楽しくないかも。「やりたいこと」とやらは、むしろ思うようにやれないぐらいのほうが、人生に刺激を与える適度なスパイスになってくれそうです。ごちゃごちゃ言ってないで「やらなければならないこと」に励みつつ、今ある幸せを大切にしてください。

【今回の大人メソッド】

「やりたいこと」は、やらないほうが役に立つ

「やりたいこと」を心置きなくやってしまうと、実力の限界を思い知る羽目になるかもしれません。思ったほど面白くなくて落胆する可能性もあります。「時間ができたら思いっきりやりたい」と妄想をふくらませたり、「これをやりたいオレってカッコイイ」と自分にウットリしたりするのが、「やりたいこと」のもっとも有効な活用法と言えるでしょう。

【相談募集中!】ツイッターで石原壮一郎さんのアカウント(@otonaryoku )に、簡単な相談内容を書いて呼びかけてください。

いしはら・そういちろう/フリーライター、コラムニスト。1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社)でデビュー。以来、さまざまなメディアで活躍し、日本の大人シーンを牽引している。『大人力検定』(文春文庫PLUS)、『大人の当たり前メソッド』(成美文庫)など著書多数。近年は地元の名物である伊勢うどんを精力的に応援。2013年には「伊勢うどん大使」に就任し、世界初の伊勢うどん本『食べるパワースポット[伊勢うどん]全国制覇への道』(扶桑社)も上梓。最新刊は、定番の悩みにさまざまな賢人が答える画期的な一冊『日本人の人生相談』(ワニブックス)


悩める君に贈るガツンとくる言葉 (大人養成講座)

この言葉を訊け! アントニオ猪木からニーチェまで、仕事、職場の悩みを吹き飛ばす賢人41人の名言、至言、金言。

この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由