ドローンを凌ぐ高性能! 生物模倣型コウモリロボットが出現!

photo by Caltech

 コウモリを模倣した小型飛行ロボットが公開された。開発したのは、米カリフォルニア工科大学のチョン・スンジョ教授チームだ。研究者らは、その飛行ロボットを「バットボット」(BatBot・B2)と名付けた。研究結果は、米国科学振興協会(AAAS)が発行する学術誌「サイエンスロボッティクス」(Science Robotics)2月号に掲載された。

 コウモリは空中で急激な方向転換を行ったり、ゆっくりと高度を調節するなど、洗練された飛行能力を持つ動物である。その飛行能力の源泉は、翼にある40個以上の関節と、しなやかな肌である。研究者はそのコウモリの羽根の構造を他の素材で再現(生物模倣=バイオミメティクス)した。丈夫かつ軽い炭素繊維でコウモリの肩、肘、手首など主要関節を模倣し、それを厚さ56マイクロメーター(100万分の1m)の薄いシリコン膜で覆った。ロボットは、実際のコウモリ(エジプトルーセットオオコウモリ)ほどの大きさで、重さはわずか93gだ。

次のページ 
既存の飛行ロボットにない能力!

1
2
4
5
関連記事
6
7