社労士は見た!ガッツある人が、いつの間にか“セクハラ野郎”に…今どきセクハラ事件簿4連発

「飲み会で一気をさせられた」「育児短時間勤務で早く帰るときにいつも嫌味を言われる」、あるいはパワハラやマタハラ。

 社会保険労務士(通称:社労士)の私にはハラスメントについての多くの相談が寄せられます。昨今、さまざまな事象について「◯◯ハラ」と呼ばれることが多くなり、いわゆるセクハラについての相談が減っているように思われがちですが、私の知る限りそんなことはありません。

photo by はむぱんさん

自覚のないセクハラが増加している

「お尻を触られた」「卑猥な言葉をかけられた」といった直接的でわかりやすいセクハラは少なくなっていると思いますが、「自由恋愛です」「僕は真剣です」と言って相手の気持ちに関係なく口説いたりする「本人がセクハラとは思っていないセクハラ」が多くなっているように感じています。

 確かに、最初は恋愛の範囲でスタートしているかもしれませんが、その相手が同僚で、しかも口説く場所が社内や懇親会で、さらに見込みがなくてもしつこく迫るといったことになればセクハラと判断されても仕方ありません。本人はいたって真剣なため「自分がセクハラをしている」といった感覚が乏しくなっているのが大きな原因の一つでしょう。

事件簿【1】「えっ?お花見って何のことですか?」

 きっかけは山下さん(仮名)と同時期に入社した神戸さん(仮名)が先輩社員に漏らした愚痴でした。そこからいろいろとセクハラの実態が明るみに出たのです。神戸さんは山下さんより年齢は少し下ですが、その先輩社員がことの詳細を尋ねるとこう続けたそうです。

「山下が同期会としてお花見を企画したんですよ」

 神戸さんらの同期は男性社員5人なのですが、山下さんはなぜか女性社員の高井さん(仮名)と鈴井さん(仮名)を誘っていました。

「同期ではない2名の女性を誘った理由は聞いていませんでした」(神戸さん)

 とりあえず、神戸さん以下同期の男性陣はお花見に備えて、いろいろと準備をしていたそうですが、前日の金曜日の夜、山下さんから同期に一斉に連絡があったそうです。

「中止になりました」

 そこには理由もお詫びの言葉も添えられていなかったそうです。月曜日になり、顔をあわせても理由を説明しない山下さんを不審に思い、神戸さんたちは高井さんに理由を聞いてみました。すると、耳を疑うような返事が返ってきました。

「えっ? お花見って何のことですか?」

次ページ高井さんがお花見の話を知らなかった理由


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由