トランプ大統領の登場で加速するイスラエルの入植。そして困難になるパレスチナ問題

白石和幸

イスラエル入植用住宅建設再開を報じる「El Pais」紙

 イスラエルびいきのトランプ氏が大統領に就任する1月20日に、オバマ大統領が最後の署名をしたものにパレスチナへの2億2100万ドル(254億円)の支援金の承認があった。しかし、トランプ氏が大統領に就任するや、彼は正にイスラエルしか支援する意思がないかのように<この支援金の提供を凍結させることに署名>した。(参照「HispanTV」)  パレスチナにこの20年余り米国は経済支援として45億ドル(5100億円)を提供している。(参照「El Medio」)  しかし、実際にはこの支援金の多くが本来の民主化と経済の発展に使われておらず、汚職と反民主的政治の中に埋もれてしまっているというのが現実である。20年間に250億ドル(2兆8600億円)という多額の支援金をパレスチナは複数の国から受けて来たのである。イスラエルによる妨害があるとしても、パレスチナの経済の発展の兆しは今も見られない。(参照「El Medio」)
次のページ 
予想されるイスラエル入植の加速
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right