パチンコ店が新台を導入しなくなった負の循環 スペック低下、ニーズの減少……

安達夕

新台導入の数が約半分に! その原因とは

 2016年のパチンコ遊技機、回胴式遊技機(スロット)の販売(納品)台数が前年に比べ大幅にダウンしたことが分かった。  昨年のパチンコ遊技機の総販売台数は約166万台(昨年比16%ダウン)、回胴式遊技機は約81万台(昨年比27.5%ダウン)。  現在、日本全国にパチンコ台は約300万台、スロット台は約150万台ある(平成27年度警察庁調べ)と言われており、昨年の販売台数は、全国総設置台数の約半分しか売れなかったということである。ちなみに、10年前の2006年には、パチンコ遊技機だけで400万台以上販売している。  なぜ、これほどまでに遊技機は売れなくなったのか?  パチンコ遊技機、回胴式遊技機の販売が低調な理由は、いくつか挙げられる。
次のページ 
新台へのこだわりより長く遊びたいニーズ
1
2
3
4
関連記事