「iOS10.2.1」リリース!課題の「バッテリードレイン」問題はどうなった?

古作光徳
 Appleは日本時間の1月24日、最新版となる「iOS10.2.1」をリリース。昨年の12月に行なわれたiOS10.2のリリースから約1か月ぶりに行われたアップデートの内容をピックアップしてみよう。

セキュリティ性能と安定性の向上に一役

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行なうことができる

 昨年の12月に行われた10.2へのアップデートでは、新機能の搭載や「とにかくうるさいシャッター音が多少静かになった」というようなユーザーが実感できる変更点が多々あった。

 それと比較すると、今回のアップデートは、バグ修正やセキュリティ対策が中心であるため、あくまでも安定性と安全性を高めるためのマイナーアップデートに留まっている。

主なアップデート内容

・ユーザーの手首から離れるとAppleWatchのロックが解除されることがある問題を修正
・悪意を持って作成されたアーカイブを解凍すると任意のコードが実行される問題を修正
・悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される問題を修正
・悪意のあるWebサイトにアクセスするとポップアップが開いてしまう問題を修正
・起動ロックされたデバイスを操作してホーム画面を一時的に表示できる問題を修正

 など計13項目がある

次のページ 
「バッテリー問題」の修正は明文化されず

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7