やる気満々で自ら執筆!? トランプ大統領就任式、スピーチはどんなものになる?

水次祥子

photo by Michael Vadon via flickr(CC BY-SA 2.0)

 全世界が固唾を吞んで見守るドナルド・トランプ新大統領の就任が近づいている。

 1月20日にワシントンDCで行われる就任式は、エルトン・ジョンやセリーヌ・ディオンといった大物アーティストが次々と出演を拒否したことでも話題になり、いわくつきとなっているが、当のトランプ氏はまったくどこ吹く風といった様子で、やる気に満ち溢れているという。何せこれまで、自身のスピーチはスピーチライターにほぼ任せきりだったにもかかわらず、就任式だけは自ら内容を考えたいと、原稿作成チームの中心になって陣頭指揮を執るという張り切りぶりなのだ。

やる気満々で自らスピーチ第一稿を執筆

 トランプ氏が考えたスピーチの中身とは、どのようなものか?

 複数の米主要メディアが伝えたところによると、同氏はスピーチ原稿の第1稿を自ら執筆しており、それはロナルド・レーガン、ジョン・F・ケネディ両大統領のスピーチを参考にしたものだと、事情を知る関係者が証言している。スピーチのスタイルは自信に満ち溢れたレーガン流、国家の明るい未来を思い描けるような表現力はケネディ流にしようと考えているのだという。

 ワシントン・ポスト紙では、トランプ氏に近いある人物が「彼はレーガンについて延々と語り、どれだけ彼を尊敬しているかについて話していた。ただレーガンだけでなく、ケネディがいかに国に活気を与えたか、いかに世界初の有人宇宙飛行で月面着陸に成功したことで夢を与えたかということも語っていた。スピーチの第1稿を書くに当たり、彼はこの2人の大統領を念頭に置き、原稿作成をしていた」と話している。特に、大統領就任式から数カ月後の5月29日がケネディ大統領生誕100年に当たるため、トランプ氏はかつてのカリスマ的大統領JFKとの縁のようなものを感じ、かなり意識しているらしいという。

次のページ 
トランプが参考にするケネディ、レーガンの演説

1
2
3
4
5
関連記事
6
7