増えるコインランドリー。ついにはAI、IoT、ビッグデータ活用を謳うチェーンも登場!

丹羽唯一朗

写真はイメージです(photo by auntmasako via pixabay CC0 PublicDomain)

 いまや、2人以上の世帯で98.8%、単身世帯で95.2%という高い普及率を誇る洗濯機。(参照:総務省統計局調査「平成26年全国消費実態調査 主要耐久消費財に関する結果」

 しかし、それほど高い普及率にも関わらず、厚生労働省の調査では、国内のコインランドリー店舗数は毎年5%前後の伸び率で順調に増えている。1996年度のコインランドリー店舗数は1万228軒だったのが、2013年度では1万6693軒と6000軒近く増加している。(参照:「コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査(施設数)」)

 そして、何よりもコインランドリー事業は、儲かるビジネスだとしてビジネス的にも注目を集めている。初期投資が安く済む点や利益率が50%近いという点、さらに基本的に無人でOKという運営に手間がいらない点などがその理由である。(参照「HBOL」)

 そんな中、AIにIoT、さらにはビッグデータという流行りのタームを謳うコインランドリーが登場している。

 2016年11月22日に、東証マザーズと福証Qボードに同時上場し、注目を集めたコインランドリーチェーン「WASHハウス」である。

次のページ 
Webカメラと遠隔操作で店舗管理

1
2
3
4
5
関連記事
6
7