日露経済協力で新潟県知事が狙う天然ガス拠点化と脱原発

横田一
「ロシアに近い新潟では 泉田裕彦前知事が検討していたウラジオストックと新潟のガスパイプライン構想に加え、米山新知事はさらにLNG火力の新設を練っています。柏崎刈羽原発廃炉で宙に浮く800万kWの送電線で関東に売電するのです」

米山隆一新潟県知事

米山隆一新潟県知事

 こう話すのは、新潟県知事選(10月16日投開票)で米山隆一知事の応援に駆けつけ、今でも意見交換をしている元経産官僚の古賀茂明氏だ。泉田前知事とは官僚時代の先輩後輩の仲で、四選不出馬表明以降は「福島原発事故の検証と総括なき再稼働はありえない」が持論の泉田路線継承候補の擁立と当選に尽力した。

 その米山知事は東京電力トップ(數土文夫会長や廣瀬直己社長ら)と新潟県庁で会談をする予定だという(11月22日と29日の予定が地震と鳥インフルエンザで二度延期に)。

 小泉純一郎元首相が新潟講演をした11月4日に米山知事は「これから柏崎刈羽原発をめぐって東電との厳しい交渉が始まるが、再生可能エネルギーが拡大すれば、『あの交渉は何だったのか』と思うようになるかも知れない」と挨拶、原発ゼロ実現で小泉元首相と足並みを揃えていた。

「プーチン大統領訪日で“北方領土解散”を狙う安倍政権は、その呼び水にすべく日露経済協力を検討していますが、その目玉の一つがガスパイプライン構想。実は、この構想を含む日露経済協力が、原発ゼロの実現にもプラスになるのではないかと注目しているんです」(古賀氏)

次のページ 
ロシアと結ばれた新潟が新たなエネルギー拠点に!?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7