トランプで「12月」がさらにアツい!1年でもっとも強い12月株高に乗れ

過去13年間で12月は10回も上昇、月別の騰落率でももっとも上がるのは12月だという。しかも今年はトランプ期待もあり、例年以上に強い相場になりそうだ。「年末株高」の理由を検証し、12月に強い銘柄を公開する!  12月は株が強い――多くの投資家が体感的にそう感じているのではないだろうか。このことは、データでも正しいと裏づけされている。過去の膨大な株価データを蓄積し、株価のビッグデータ解析を得意としているアナリストの中原良太氏によると、「’03年以降の日経平均株価を調べると、12月がマイナスだったのは過去3回だけ。13年間で10回も12月は上昇しているのです」という。  マイナスだったのは、サブプライム・ショック前夜の’07年、そして’14年と’15年。直近2年はマイナスだが、’14年は9円安とほぼ変わらず。’15年は米国の利上げ期待による新興国の株価下落や原油価格の下落などで一時的に世界中の株価が売られたが、12月下旬から大幅に戻して終わっている。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=120829
各市場の平均騰落率(%)

’00年1月から’16年10月末までで、月初の始値→翌月初の始値の騰落率を月ごとに集計。どの市場も12月が最もパフォーマンスがいい

「’00年以降で月ごとの騰落率を調べると、日経平均は2.99%の上昇と12月がもっとも高いのです。マザーズ市場にいたっては、12月だけで4.72%の上昇です。また、日ごとの騰落率を見ると、上位11日のなかに12月は3日も入っています。このデータからも『12月は株が強い』といえるでしょう」(中原氏)
次のページ 
年末には株の売り手、円の買い手が減少する
1
2
3
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right