モンサントやデュポンに負けるな! 海外でも堅調な「サカタのタネ」。日本の種苗企業に期待

丹羽唯一朗

photo by アラツク via Wikimedia Commons(CC BY-SA 3.0)

 12月7日、「サカタのタネ」の終値が 2971円となった。ブレグジット(英国のEU離脱) 、6月23日の英国民投票の翌日の月曜日に年初来安値2051円を付けた後、上昇トレンドを続けている。ちなみに、年初来高値は2月2日の3,150円。年末までに年初来高値更新が見られるかもしれない。

「サカタのタネ」は、“2016年6-11月期(第2四半期累計)の業績に関して、営業利益は前年同期比20%増の60億円程度になったようだと報じられた。従来予想は同21.9%減の39.00億円とされていたが、一転して最高益になる模様である。健康志向の高まっている北米でブロッコリーの種子が伸びたほか、新興国でも野菜種子が好調で、円高の悪影響を吸収したという。市場予想では53億円程度とみられており、想定を上回る業績進捗となる模様だ。

次のページ 
日本企業も意外と健闘!世界の種苗市場

1
2
3
4
5
関連記事
6
7