あの忌まわしい航空券燃料サーチャージが復活間近 対処法は?

向井通浩

悪名高いアレが近日、復活!

 海外旅行ファンにとっては、もはや燃料サーチャージ(以下、燃サ)が存在した当時のことなど、忘れ去られた遠い昔のような良い時代である。

 低価格の格安航空券が、フルサービスキャリアとローコストキャリア(以下、LCC)、その中間の位置取りとなる新興キャリアからよりどりみどり。

 しかし、そのようなエアラインと海外旅行フリークの蜜月もそう続くことはなさそうだ。

 また、あの忌々しい燃サ復活のシナリオが見えてきたのだ。航空券やツアーを比べて比較する際に、燃サが含まれているのかどうかを確認しながら検討する煩わしさがまたやってくるのである。最近は総額表示も増えてはきたが、燃サは含むものの諸税は別、あるいはいまだに燃サ・諸税別表示もあり、海外旅行ファンを悩ませているところだけに、燃サがない現在のありがたみを知る日も遠くないだろう。

次のページ 
シェールガスが燃油価格を抑えていたが……

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7