ニトリのテナントにヨーカドー!?――立場が逆転した流通大手、両者の次の一手とは?

 北千住から日光街道(国道4号線)を北に数分行くと、足立区役所を過ぎたあたりに真新しい大きな建物が現れる。

「ここにもニトリができるのか」と思って何の気なしに通り過ぎようとした際に看板をよく見て驚いた人もいるのではないだろうか。「ニトリ」の看板の下にあるのは見慣れた「あの鳩」―そう、この店舗には「ニトリのテナントとして」イトーヨーカドーが初出店することになるのだ。

「ニトリのテナントとして」ヨーカドーが出店!?

“ニトリにヨーカドー出店”という、従来とは逆のパターン

 この12月にグランドオープンを迎える「ニトリ梅島ショッピングセンター」は、「ニトリ環七梅島店」が核店舗となるショッピングセンターだ。足立区梅島の日光街道と環七の交差点という好立地への出店で、建物はニトリが建設、売場面積11,706㎡、1階から3階が売場、4階から屋上階までが立体駐車場となる。

 この店舗が一般的なニトリと異なる点は、1階に、テナントとして「食品館イトーヨーカドー」やドラッグストア「サンドラッグ」、クリーニング店など複数のテナントが入居するということ。2階と3階は全てニトリの売場となる。1階の食品館イトーヨーカドー梅島店はニトリの開店よりも一足早い12月2日に、ニトリ環七梅島店は12月8日にグランドオープンする予定だ。

次のページ 
ショッピングセンター展開に力を入れるニトリ

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7