「正直、怖い」韓国のお笑い芸人が朴槿恵事件を恐ろしいほど予言していた

安達夕

 韓国日報によれば、「崔順実ゲート事件」で一人のコメディアンが注目されている。韓国放送局SBSのお笑い番組「ウッチャッサ(笑いを求める人々)」に出演しているチェ・グク(41)だ。

 彼のネタは「私の親友は大統領」。今年の4月にコーナーは終了したが、今月の16日再びコーナーが復活した。

「コーナーが復活したのはとても嬉しいことだが、その理由を考えると少し寂しくもあります」

 チェが大統領を演じるこのネタは、大統領の幼馴染みが、馴れ馴れしく私的なお願いをする内容となっている。これが「崔順実ゲート事件」以降、視聴者からは「現在を予言したコント」として話題となっているのだ。

 コントでは、大統領の親友が青瓦台の庭に唐辛子を干そうとしたり、妹の結婚式の受付をお願いしたりする。大統領が、オバマ大統領との会談があると言っても、「オバマと親友と、どっちが大切なんだ!」と取り付くしまもない。

 チェは、「はじめは大統領も、誰かにとってはただの親友というアイデアから生まれたコント。多少は風刺的な内容も込めたが、それよりも大統領に対する親近感を感じてほしかった」と言う。

次のページ 
ギャグが怖いほど現実になっていく
1
2
3
4
5
関連記事
6
7