急ピッチで進む人工培養肉の技術 新たな道徳を生み出し、地球の未来を救う!?

食肉の供給不足を解決し、環境にも優しい人工培養肉の時代が来る!?(画像はMemphis Meats「The World's First Cultured Meatball」より)

 厚切りの和牛ステーキに、舌の上で溶ける霜降り肉のすき焼き。家畜たちからの恵み、肉。肉は素敵。肉は最高。

 私たちは、肉、そして、家畜なくして生きていけない。だが近い未来、私たちが食べる肉のほとんどは、人工の肉に置き換わるかもしれない。人工肉の開発が、日進月歩で進行中なのだ。

 世界で消費される食肉量は、一人あたり年間平均35.5kgにのぼる(アメリカ人は90kg)。世界的な人口増加傾向のなか、一人あたりの消費食肉量も増加している。日本でも、一人あたりが消費する食肉量は、この50年余りで9倍ほどに増加している。

 今、この記事を読んでいる時点でも、10億頭のブタ、15億頭のウシ、そして190億羽ものニワトリが、人類の胃袋を満たすために、この地上で待機させられている。

 だが、食肉の需要の増加に対し、いつまで供給が追いつくだろうか。たとえ供給が追いついたとしても、家畜を養うために割かれる農地は拡大し続け、餌となる植物性の飼料も増え続ける。牛のげっぷとして放出される温室効果ガスのメタンも無視できない。肉好きという私たちの性(さが)が、環境を破壊し、自分たちの首を絞めることになるかもしれないのである。

次ページ環境に優しく、家畜を殺さない


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は底堅い展開に

昨日のドル円は、東京市場ではドル円の下値が堅い展開となりました。日経平均株価の下落を背景にした売りが先行しました。海外短期筋からの売りも観測されるなか、昨日安値の107.27円近辺を下抜けて一時107.15円近辺まで下押ししました。もっとも、その後は本邦機関投資家からの買いに支えられたこと… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

産業医が教える「忙しすぎる“働くお母さん”に必要な休み方」ホントのところ

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

金メダリスト・小平奈緒選手の表情を研究者が分析「尋常ではないプロ意識の高さ」

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由