セレクトショップ「ビームス」に温泉が?旗艦店「BEAMS JAPAN」の新戦略とは!?

ここは「温泉」ではなくてビームスの店内

 店内に入ると、ほのかに漂う檜の香りと湯気。

 といっても、温泉施設のレポートではない。セレクトショップ・ビームスの旗艦店である「BEAMS JAPAN」(新宿区北新宿)の1階に、温泉が出現したのだ。

別府市とコラボ、店内の一角が「別府温泉一色」に!

大分県別府市。手前が鉄輪温泉、奥が別府温泉

 この温泉の正体は、11月30日まで開催されるビームスと大分県別府市とのコラボレーションイベント「BEAMS EYE on BEPPU」の一環として設置された足湯だ。

 別府市は言うまでもなく温泉湧出量・源泉数日本一の都市。お湯は別府温泉からタンクローリーで直送された源泉100パーセントのもので、泉質は単純温泉、適応症は「神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康促進」となっている。

足湯のようすは店外から眺められる。存在感は抜群

 期間中はこの足湯が無料で提供されるほか、かつて湯治籠にも使われていた伝統工芸品「別府竹細工」のアクセサリー、温泉で作った化粧品、「湯の花」を使った入浴剤、「かぼす」や「ざぼん」を使った別府銘菓の販売なども行われる(足湯は土日のみ開催)。

足湯の開催時間は写真のとおり

 また、足湯の利用者には、別府市観光協会ウェブサイト「温泉ハイスタンダード 極楽地獄別府」のロゴ入り手ぬぐい、別府市のNPO法人「BEPPU PROJECT」が制作したアートガイドブック「旅手帖 beppu」のプレゼントが行われるなど、「BEAMS JAPAN」の一角は別府温泉一色となっている。

 なお、この足湯は別府市で行われている温泉めぐり企画「別府八湯温泉道」のスタンプも設置されており、公式スタンプ帳「スパポート」に期間限定のスタンプを押すこともできる。

次のページ 
日本の魅力発信基地」として生まれ変わったビームス

1
2
4
5
関連記事
6
7