「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億を稼いだ理由

方向性の定まらぬ難しい相場が続いている。そんななか、現役大学生にして、すでに億の利益を稼ぎ出しているスゴ腕トレーダーが颯爽と現れた。しかも、その期間はわずか3か月! 彼が編み出したFX勝利の方程式とは何なのだろうか。その秘技を聞き出してみた!

FX「投資を始めたのは9年ほど前、中学生時代でした。親が株をやっていたため投資が身近でしたし、金融市場を描いたTVドラマ『ハゲタカ』の影響も大きかったですね」

 そう語るのは、現役大学生にして億を優に超える利益を叩き出すFXトレーダーのタカシさんだ。

「最初は現物株でした。現物株投資は企業と私とのやり取りで、日経225先物は日本と私とのやり取り。より大きな世界と私とのやり取りが、為替だと思うんです。そこで為替に面白みを感じ、FXを取引するようになりました」

 タカシさんには「為替は政治で動く」という持論がある。この考えを基に、FX取引で利益を稼ぎ出しているというのだ。

「その典型が黒田バズーカでした。大学生向けの教科書にすら、大規模な金融緩和はいずれ破綻する、と書いてあります。そんな政策を黒田総裁は断行し、円安へ誘導しました。政治が為替を動かした好例です。昨年のECB(欧州中央銀行)による金融緩和もまた然り。FXは『非常に政治色の強い金融商品』なんです。今年最大の政治イベントと言えば、英国のEU離脱=ブレグジットですが、6月24日以降だけで利益は1億円を超えています。あれから『通貨の強弱』が非常にはっきりした稼ぎやすい相場が続いていますからね」

 わずか3か月で億を叩き出すとは……。いったいどんな取引をしているのだろうか。

次のページ 
各通貨の強弱を教えるツール「マタフ」を活用

1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7