Microsoftの新型PC「Surface Studio」。期待度とともに入手困難度もアップ!?

 米マイクロソフトが10日26日に開催した「Microsoft Windows 10 event」でクリエーター向けデスクトップPC「Surface Studio」を発表した。モバイル向けのタブレットPCというイメージがすっかり定着した「Surface」シリーズだが、今回リリースされたのは28インチの大型液晶を搭載したデスクトップモデル。一体、これまでと何が違うのか?

28インチディスプレイは液タブにも変身!

 Surface Studio最大の特徴は、搭載されるディスプレイといってもいいだろう。4Kディスプレイを上回る4500×3000ピクセルの28インチディスプレイを搭載し、さらに2軸のヒンジが設けられたアームによって液晶ディスプレイの角度や位置を調節することが可能。

 デスクトップスタイルから液晶ペンタブレットライクなスタイルなど、利用シーンに合ったスタイルが選べる。また、液晶の厚さは僅か12.5㎜と非常に薄く、10点同時のタッチにも対応するなどデザイン面と機能面を両立している。

次のページ 
まずは注目の新機能を確認!

1
2
3
4
5
関連記事
6
7