大量パスワード時代で“セキュリティ疲労”が急増…米研究所が警鐘

セキュリティ疲労で投げやりに

 スタントン氏は、さまざまな職業に就く20~60代のインターネットユーザーに、オンラインショッピングやインターネットバンキング、PCセキュリティ、セキュリティソフトウェアの使用についてインタビューを敢行。データを収集した。  結果、「すべてのパスワードを覚えのは疲れる」、「パスワードを忘れてアカウントを使えなくなった」などと答える人が多かったそう。また、「自分がサイバー犯罪の対象となる理由を理解できない」、「データが盗まれたとしても、問題を感じない」とする人も多かったという。もちろん、ユーザーがこのような憂鬱さを感じる背景には、セキュリティ疲労があるというのがスタントン氏の説明だ。 参照:National Institute of Standard and Technology <取材・文/ロボティア>編集部 photo by TBIT via Pixabay(CC0 Public Domain)> 【ロボティア】 人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社新書)の著者・河鐘基が務める。https://roboteer-tokyo.com/ ※ロボティアでは、今回の記事のほかにも下記のような記事を掲載中 ・【疼痛治療最前線】VRはモルヒネより鎮痛作用アリ?医療費削減にも期待東大の汗をかく&腕立て伏せするロボット・ケンゴローに世界仰天 ・アディダスがほとんどロボットでつくったシューズを公開
1
2
ドローンの衝撃

ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right