大量パスワード時代で“セキュリティ疲労”が急増…米研究所が警鐘

TBIT via Pixabay(CC0 Public Domain)

 定期的にパスワードを変更することが面倒になってしまい放置したり、あるいは、オンラインモールで都度新しいアカウントを作成することを煩わしく感じたような経験は、誰しも一度はあるはず。米国立標準技術研究所は、このようなセキュリティをおろそかにしてしまう傾向が、セキュリティ疲労(Security Fatigue)に起因している可能性があるという研究報告書を公開した。

 同研究所の心理学者ブライアン・スタントン(Brian Stanton)博士は、セキュリティ疲労をコンピュータの安全対策から生まれる疲労と定義している。また、このようなセキュリティ疲労が原因で、ユーザーがインターネットの安全対策を怠るようになるとの調査結果を発表している。

次のページ 
セキュリティ疲労で投げやりに

1
2
ドローンの衝撃

ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介

4
5
関連記事
6
7